外壁クラック、シーリング打ち替え、塗装の必要性

ALCパネル落下の事例です。

 以前にもブログで書きました築40年の鉄骨造ALCパネルの落下した現場ですが、もちろん地震の影響で落下したのですが、又別の場所が落ちそうと言う事で2期工事です。足場を建てパネルの裏側にアングルで補強して外側の欠損部の修理及びシーリングそして塗装工事をします。ここの現場は私が直接シーリング工事現場にて施工しておりますが、もう相当酷いです。大きなクラックもありますが、小さなクラックなど無数に入ってます。ALCパネル自体雨水吸い込んでかわすきでつくと塗装膜こそかたいですが、そこを抜けるとすーっとかわすきが入ってしまいます。このようにメンテしないで建物を放置すると後の工事が大変ですね。

いったん既存シーリング(コーキング)を撤去して落下防止を金物で処理して目地にその後シーリングを充填し、塗装工事をします。

ALCパネルの裏側にアングルを取り付け補強しました。

たまたま今回の外壁の落下も隣の敷地のコンクリートだけの損傷ですみましたから良かった物の、もし下に人等がいたら大変な事になりました。
事業地域
江戸川区・葛飾区・江東区・墨田区・足立区・北区・台東区・中央区・荒川区・文京区・豊島区・新宿区・市川市・浦安市・松戸市・船橋市・東京・千葉・その他近郊

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ。

オススメリンク集

NIKKOのブログ 社長の仕事日記と家庭菜園日記(^^)

仕事と趣味の家庭菜園が中心です。

 

 

 

 

 

 

 

 
マイリフォームレシピ
マイリフォームレシピ
リフォーム